デジタル社会

昨今では、生活の全てのシーンでのデジタル化が進み、コミュニケーションも情報収集も、スマホで行うことが多くなってきています。

このため、情報収集の部分でいうと、紙媒体の新聞や雑誌の影響力は低下していっています。

紙媒体情報の衰退

ビジネスにおいても、紙媒体の広告などは効果が低下しており、一方、インターネット広告は毎年2桁パーセントの成長率で伸びています。

ここから言えることは、時代の変化に合わせてPR方法を変えていく必要があるということです。

デジタルマーケティングの必要性

このように広報だけにかかわらず、既存アナログ社会の考えで、商品開発、サービス提供などを続けていた場合、ビジネスが衰退していく可能性が高いです。

そのため、今後はビジネスにおいて、デジタルマーケティングという考え方は、どんな業界においても必須ということになってきます。

例えばSNSの活用

お客様の多くは、FacebookやTwitter、Instagramなど、SNSを使って友人達とコミュニケーションをとっています。

企業(店舗)も、同様にSNSアカウントを持って、このような客様達とコミュニケーションを取るというのが、活用の一つの手法です。

また、お客様が商品やサービスをSNSで紹介しやすい・紹介したくなる仕組みを構築する手法もあります。例えば、インスタ映えするように、ビジュアル面で特化させておくなどというように。

WEBサイトの活用も時代に合わせ変化

企業(店舗)のWEBサイトの活用法も、少し変わりつつあります。

「WEBサイトを作る」=「広域にPR出来る」

少し前まではこの観点で運用することが多かったですが、最近は逆で、実際の企業(店舗)があるローカル地域にこそお客様が存在していて、そのローカルでのWEB露出こそ大事であると考え運用する傾向が強いです。

マーケティングの観点で言えば、セグメントしたターゲティングをしっかり行っていくと、この傾向は当然の結果です。

運用の仕方

以上のような、デジタルマーケティングを、自社で運用していくのは難しい面もあります。担当者に専門の知識が必要である一方、そのためだけに人材とその時間を割く余裕のある企業(店舗)は少ないと思います。

そこで、効率的な運用の一つは、アウトソーシングです。専門知識と技量を持っている業者に、必要分だけ仕事を依頼することです。

弊社では、必要最低限の小さな案件から、デジタルマーケティングに全力を注ぐ大きな案件まで、丁寧にしっかりご対応します。まずは無料相談から。

弊社サービス

無料相談申し込み